絵本の世界

約5,000冊が読める絵本ライブラリで、子ども達のゆたかな心を育んでいます。

なぜ、読み聞かせをするの?

双葉幼稚園が、お父さん・お母さんに「絵本の読み聞かせ」をすすめる理由。それは、子どもの感じる「楽しさ」「嬉しさ」「幸せな気持ち」の多くが、お父さん・お母さんの愛情によってもたらされるからです。子どもにとっては、お父さん・お母さんが一緒にいてくれること、そして子ども騙しでないすてきな絵本が与えられていることは、何にも変えがたい嬉しさ、糧となります。
絵本には、読み手の思いを伝える力があります。お父さん・お母さんの「この気持ちを共有しよう」「楽しもう」といった思いは、読み聞かせをすることで、ダイレクトに子どものこころに響きます。読み聞かせのことばは言霊となり、子どものこころに深く刻み込まれるのです。

絵本は、目と耳で感じる「総合芸術」。

絵本は、目と耳で感じる「総合芸術」。

絵本の読み聞かせは、ただの遊びではありません。耳から入ってくる「ことば」と、目で見ている「絵」。それらが合わさって、ひとつの総合芸術となります。
子どもは、自分の世界の中で想像を膨らませて絵を動かし、物語を楽しんでいきます。そして絵本の世界を、実際の生活体験と同じように感じていきます。
絵本を読み聞かせると、自然に読解力や言語力、豊かな想像力が身につきます。想像力を育むと、人としての視野がぐんと拡大し、人の気持ちを考え、思いやり、痛みのわかる大人へと成長していきます。つまり絵本は、人間力を育める芸術作品だと言えるのです。

子どもには、一流の絵本を与えること。

子どもには、一流の絵本を与えること。

絵本だからといって、どれを選んでも良いというわけではありません。必ず、一流のものを選ぶことが大事です。一流の作家と一流の美術家が精魂込めて作り、「子どもたちに伝えたい」という願いが込められた絵本には、子どもの成長に大きな影響を与える力があります。
また、子どもの年齢と時季に合った本を選んであげることも大切です。タイミングが合えば、子どものこころに、より響きやすくなります。

蔵書数5,000冊を誇る、双葉ライブラリ。

蔵書数5,000冊を誇る、双葉ライブラリ。

双葉幼稚園のライブラリには、約5,000冊の絵本があります。
絶版本や初版本などの貴重なものもあり、絵本を愛する親御さまにも喜ばれております。子どもたちは、基本的にライブラリへの出入りが自由。貸し出しを受け付ける時間も設けております。
双葉幼稚園の絵本教育はこれまで、たくさんのエピソードを生みました。あるお母さまからは、「今までは図書館に行ってもどれを借りればいいかわからなかったけど、良い絵本がどんなものか、わかるようになりました!」と仰っていただいたことも。また、「先生、わたしこの絵本、自分の子どもに読んであげる!」と言っている子どももいました。これからも双葉幼稚園は、「親と子のいい時間」の橋渡しができるよう、子どもとお父さん・お母さんに、絵本の魅力を伝えていきたいと思います。

おすすめの絵本

  • あやちゃんのうまれたひ

    あやちゃんのうまれたひ

    浜田桂子 作・絵
    (福音館書店)

    子どもが誕生日を迎えるたびに、読んであげたい一冊です。「みんながあなたの生まれるのを待っていたのよ」というメッセージを伝える「自分の物語」です。

  • ちょっとだけ

    ちょっとだけ

    瀧村有子 作/鈴木永子 絵
    (福音館書店)

    子どものけなげさにこころ打たれます。「いつもママがやってくれるのを見ていたから」と、一生懸命チャレンジする、お姉ちゃんになった「なっちゃん」。お母さんのこころも思わずジーンとします。

  • おいていかないで

    おいていかないで

    筒井頼子 作/林明子 絵
    (福音館書店)

    お兄ちゃん大好きな妹たちの「わたしの物語」。

  • いちご

    いちご

    平山和子 作
    (福音館書店)

    甘いいちごが成長していく過程を学べる本です。いちご嫌いだった子どもが、この絵本を読んでから食べられるようになった、という素敵なエピソードもあります。

  • おおきなかぶ

    おおきなかぶ

    A.トルストイ 再話/内田莉莎子 訳/佐藤忠良 画
    (福音館書店)

    とても有名なお話ですが、この絵本でなければ伝わらないような思いが込められています。著名な彫刻家、佐藤忠良さんの躍動感ある絵が、子どものこころをワクワクさせます。

  • 三びきのこぶた

    三びきのこぶた

    瀬田貞二 訳/山田三郎 画
    (福音館書店)

    いろんな作家・イラストでリメイクされている有名なお話ですが、この絵本でなければいけない、と感じさせる一冊。魂の成長と、知恵を使って生きていく大切さを学べる絵本です。

  • くさる

    くさる

    なかのひろたか 作
    (福音館書店)

    「食べ物がくさり、土に還り、次の命の源になる」という生命の流れが描かれています。恐竜も登場!この絵本で「ふうん」と思ったことが、将来の勉強にも役立っていきます。

  • はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

    はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

    バージニア・リー・バートン 文
    ・絵/石井桃子訳(福音館書店)

    男の子の大好きな「くるま絵本」の中でも、ひときわ躍動感のある本です。こういった印象に残る絵本を選んであげれば、大人になっても色あせない思い出になりますね。

  • でてこい でてこい

    でてこい でてこい

    林明子 作
    (福音館書店)

    「初めて読ませてもらった絵本がこれ」という人も多い一冊。ゾウさんやアリさんなど、子どもの大好きな生きものたちが、ページをめくるたびに元気に飛び出します。リズミカルな言葉のくり返しがとても心地よい一冊です。

edogawaFUTABAkindergarten

edogawaFUTABAkindergarten

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩2-20-18

入園に関するお問い合わせ・資料請求

tel.03-3657-1959 受付時間/9:00 - 17:00(平日)

お問い合わせ

園での生活

  • 幼稚園の1日
  • 幼稚園の1年

子どもたちの様子やの取り組みをご紹介! ふたば幼稚園日記(ブログ)

園の様子をチェック!WEBカメラ

幼稚園を探している
ご父母の皆さまへ

  • ひよこ組(プレ幼稚園)-週2回-
  • プレイセンター